FC2ブログ




今年50歳になる

これまで基本テキトーに走っていた。

記録を狙いだして2年余りでサブスリーは達成したが
それ以降は 全く伸びてない。
今までの繰り返しでは これ以上は伸びないであろう。

しかも もう若くはない。
以前と比べて 疲労の回復に時間がかかるようになっちまった。
故障のリスクも年々高まってる。
そして 一旦故障するとなかなか治らない。


そのことに
最近やっと気がついたmotoです こんばんわ(笑) 





ランニングという趣味 長く続けたい

その上で 
記録狙いのマラソン挑戦
こいつも可能な限り追い求めたい。


それにはどうしたらいいのか?


故障や怪我のリスクはちょっとおいといて
現在の走力を維持するために必要なトレーニングを考えてみた。

日々のトレーニングを5W1H形式で(笑)


いつ(When)
平日・土曜日:1時間くらい
日曜日:2時間くらい


どこで(Where)
稲毛海浜公園・花見川CR


だれが(Who)
オレが(笑)


ここまではまあ アレなんだけど(笑)


なにを(What) なぜ(Why) どのように(How)

ここが大切



表にしてみた



2019030801[2]

現時点でのトレーニングの内容はこう。
目標ペースはサブスリーの場合
オレにとって 目標最低ラインとなる。

ベースはEペースのキロ5。
それに他の練習を組み込んで1週間を回す。

今日のトレーニング内容は何が目的なのか
考えながら走りたい


もちろん本番レース
4週間前のフル ペース走
3週間前の30k Mペース走
2週間前のハーフ ほぼガチ走

これも可能な限りやる。


考えて ブログに書くだけなら
誰でも出来るんだけどな(白目)



毎日コツコツ積み重ねることは大変。




今日は いじょ











よかったらポチっと コメントもよろしくです!

にほんブログ村
スポンサーサイト
 2019_03_08



日曜日の【東京マラソン】の応援


ランナーの足元に目をやると
たくさんの人が例の『厚底シューズ』を履いてた。

日本記録を更新した 大迫選手や設楽選手
箱根駅伝でもたくさんの選手が履いてた。
その影響って 大きいのかな。

NIKE原宿店で 【東京マラソン】出走者限定で
ヴェイパーフライの無料レンタルやってた。
知り合いでも たまさん・Ukeさん・misaoさんが借りてる。


そして


3人共 PB更新してる!((((;゚Д゚)))))))

まあ ヴェイパーのおかげだけじゃないと思うケド・・・。


最近 報道 コマーシャル等で
『厚底シューズ』の情報が刷り込まれて
そればかりに目がいっていた っていうのもあるかもしれない。
でも たくさんの人がNIKEの『厚底シューズ』を履いてたのは事実だ。





かく申すオレも
初代ズームフライで 別大と静岡 走った。

元々フルの勝負レースは
Adizero japan boost2 or 3でのストライド走法だ。

しかし今シーズンは 中盤から梨状筋の故障もあり
本来の走りが出来なくなる。
腰の回転を使ってストライドを伸ばしていたが
今までのフォームでMペースで走ると 必ず左ケツおかしくなった。


1月頭に ズームフライに再び出会う。

少し前傾を強め 膝は少し曲げた状態で
身体の真下でミッドフットで着地
スプーン状のプレートの反動を生かして
くるんと脚をコンパクトに回転させる。


それで 
患部が悪化する幅を小さくして走ること出来る。
フォームをそういう走りに修正した。

大きい筋肉である大腿四頭筋を使って
地面を蹴るのではなく 体重を支えて走るフォームを心掛けることにより
長い距離走った後のダメージがかなり軽減されるようにもなった。





走りがコンパクトになった分
ストライドが短くなった気がする。

仲間のズームフライやヴェイパーフライの感想は

ストライドが勝手に伸びる

という意見が多い 気がする(笑)


オレ そんな風には感じたことがなかった。
自然とコンパクトに くるんくるん脚を回しながら走れるから楽
ズームフライのメリットは これ。



今まであまり
ピッチがいくつとか ストライドがいくつとか
そんなの気にしなく走ってきた。
テキトーに感覚で走ってきた(笑)

でも ちょっと過去のデータを引っ張り出してきて比べてみる。


2018別府大分毎日 2時間57分41秒 
シューズ:Adizero japan boost 3
平均ピッチ:183spm
平均ストライド:1.3m

2019年別府大分毎日 2時間59分00秒
シューズ:ズームフライ
平均ピッチ:185spm
平均ストライド:1.28m

2019年静岡 3時間04分01秒
シューズ:ズームフライ
平均ピッチ:183spm
平均ストライド:1.26m



くるんくるん回してた割には 
ピッチそんなに変わってねぇーー!(笑)



ストライドは昨年の別大に比べて -2㎝ -4㎝
これはわかる。
腰の回転 あまり使えてなかったから。


フルマラソンの場合
身長×0.6~0.7=ストライド
オレの場合
166×0.6~0.7=1.00~1.16 

Adizero japan boost 3ほどではないにしろ
ズームフライでもそこそこ広いストライドと言える




ズームフライの走らせ方 これが正解なのだろうか??



くるんくるんとコンパクトに脚を回してピッチを稼いでいたつもりが
データ上は全然そうじゃなかった。

これから
ズームフライを使って タイム短縮を狙うには

現在のフォームでピッチを上げる事を心掛けるか?
それとも
若干フォームは崩れるが 腰の回転を使ってストライドを伸ばすか?




梨状筋くんの状態を見ながら
ストライドを伸ばすフォームへ 更なる改良に着手したいと思います。

でも そうすると地面蹴っちゃうんだよなぁ(苦笑)


時間はあるから じっくりやっていこう。

またそれも楽し。



今日は いじょ








よかったらポチっと コメントもよろしくです!

にほんブログ村
 2019_03_07



今回この表を作成するにあたり 2つの目的を考えた。
①ランナー間のコミュニケーションツール(タイムとか 練習内容とか)
②市民ランナーとトップアスリートではBMIにどのくらい差があるのか?


今回のブログは②について考えてみる。

もちろんテキトーだけどね(笑)



元々きっかけは 全力中年さんのこのブログ

トップアスリートの身長と体重とBMI。身長からフルマラソン適正体重を計算する。

で このブログの参考文献はこちら



【はじめに】

マラソン男子トップアスリートにおける最適BMIは19~20ということだが 
我々市民ランナーのBMIのはどのくらいなのだろうか?
トップアスリートの最適BMIは市民ランナーにも当てはまるのだろうか?

今回情報を集めた市民ランナーのデータを基に考察を行ってみる。

全データ集計数 66名(男性54名 女性12名)
このうち体重・身長の記載のない4名を除き
有効データ 62名(男性54名 女性8名)で検討。

VDOTを計算するうえでタイムの秒の記載がなかったデータは00で計算。

トップアスリートのデータは男性のものであるが
市民ランナーのデータは男女共含む。 ←でた!テキトー笑

市民ランナーのフルマラソンのタイムはPBとし 体重はその時点でのものとする。





【分析結果】

     タイム分類62
タイム分類 
サブ40群(VDOT 61.5以上) サブ50群(61.5~57.3) サブスリー群(57.3~54.2)
サブ3.15群(54.2~49.5) サブ3.5群(49.5~45.6) その他の群(45.6以下)
 の6つ分けて検討。

※62名には男性も女性も含まれています。







  BMI・VDOT2
市民ランナーにおけるBMIとフルマラソンVDOTとの関係
縦軸にBMI 横軸にVDOTとして62名のデータを表す。
トップアスリートのデータから導き出されたフルマラソンにおけるBMI最適値(19~20)に該当する人は
62名中14名 22.6%






BMI・VDOT表
各群におけるBMI平均とその標準偏差の示す。
その他の群のバラツキが 他の群に比べて非常に大きい。
逆にサブ3.15群はバラツキが小さい。


ここで思わずみなさんの顔が浮かんだ。(笑)
ダメダメ ここでは数字と個人は切り離さないとね。







BMI・VDOT平均グラフ

上の表のデータ 各群のVDOT平均値 BMI平均値を使ってグラフ化。
 
なんかいい感じのサブ40群とサブ50群の値(笑)






トップ BMI速さ

こちらは 参考文献の各競技トップアスリートにおけるBMIとスピードの関係を示したグラフ
左端の赤丸で示したのがマラソンのデータ。
スピード5.5m/sは計算すると マラソンのタイム2時間8分弱となる。 ←合ってる?





トップ 高さ体重速さ
こちらは 参考文献の各競技トップアスリートにおけるBMIと 体重および身長の関係を示したそれぞれのグラフ
左端の赤丸で示したのがマラソンのデータ。





ここで思った。

サブ50群以上のデータと市民ランナー群全体のデータ
それらをトップアスリートのデータと比較してみたらどうかな?

ちょうどサブ50以上群には女性は含まれてないし・・・。
サブ50以上の方がトップアスリートとのタイムも比較的近い。

でもサブ50以上って一般的な市民ランナーではないよな
市民アスリートのトップの方 だよな・・・。
(苦笑)





top比較


サブ50以上市民ランナー群(男性24名)
タイム 2時間43分54秒±4分57秒 (4.29m/s)
身長 172.45±6.80㎝
体重 58.57±6.54㎏
BMI 19.67±1.53


市民ランナー全体群(男性54名 女性8名)
タイム 3時間04分51秒±22分33秒 (3.80m/s)
身長 170.62±6.67㎝
体重 59.49±8.75㎏
BMI 20.40±2.37


トップアスリートの値は参考文献より抜粋。
平均タイム 2時間8分弱 (5.5m/s)
身長 171.90±6.28㎝
体重 57.85±5.11㎏
BMI 19.57±1.29




【結論・考察】

みなさんはこの結果 どう思いますか? ←出た テキトー丸投げ (笑)


まあテキトーにまとめると こう

マラソントップアスリートのBMI最適値が19~20ということから考えると
サブ50市民ランナー群においては ほぼその値と近似すると考えられ
また市民ランナー全体群においては 若干その値よりも高いと考えられる。
月間走行距離では サブ50市民ランナー群では平均347.70㎞
市民ランナー全体群では286.51㎞ であり練習量でも差がみられた。
練習量を増やすことによってBMI最適値により近くなるとも考えられる。

結果 トップアスリートにおけるBMI最適値19~20に近ずけることは
市民ランナーにおいても高いパフォーマンスが発揮出来る条件ではないだろうか。




って フツーはこう書くかも(笑)


オレ ちょっと違う。


昨日ブログで書いたけど

怪盗紳士さんは
「理想体重(59kg台)まで増量すると、1kmTTで3:40が切れなくなるまでスピードが落ちるので、
PBどころかサブ3も狙い難くなります。」
 らしい。

逆にオレの場合は 身長165㎝ 体重63.5㎏(現在66㎏) 理想体重53.09㎏ 差が10.41㎏。
体格的なことを考えると10㎏以上減量することは不可能。(笑)
減量しすぎると体調崩しかねないし 逆にパフォーマンスも落ちるだろう。

他にもそういう人 いると思う。(笑)

だからトレーニングやレースを経験していく過程で
自分のパフォーマンスを最大限に発揮出来るであろう
自分に最適な体重を見つけ出すことが 
理想体重(BMI19.5)に近ずける事よりも大切なことではないのだろうか?


でも 1㎏でも体重少ない方が有利なことは変わらないけど(笑)


みなさんは どのように考えますか?





いじょ












よかったらポチっと コメントもよろしくです!

にほんブログ村
 2018_10_14

完成

Category: 研究  


ブログを紹介していただきました。(笑)


これです。


『見た目とは裏腹に非常に優しい感じの男性』


うーーーーん(笑)


上州の竜さん 

ありがとうございます!!





で 今日もランオフして
シコシコExcelいじってました(笑)




で 
本日 集計したデータ公表します。

が ちょっとその前に・・・


このデータは 仲間うちで使うツールとして作成しました

昨日もブログで書きましたが
仲間うちで練習会したり レースの応援とかに行ったりした時
「あの人ってフルのタイムどの位だったっけ?」って思った時
なんかそういうのが一目でわかるツールがあると便利だなと思って作成しました。

こうやってブログに掲載する以上 不特定多数の方の目に留まると思いますが
基本的にそういった思いで作成したということはご理解ください


まあ 知り合い以外の人が見ても
そんなに楽しいものではありませんケド
(笑)




~この表の見方について~

申し訳ありませんが
順番は便宜上
エリウド・キプチョゲ(現世界チャンピオン)を先頭に
もちろんセカンドポジションは大迫傑と速い人順になっております。(笑)
フル記録・ハーフ記録はそれぞれのPBです。
ネットであるかグロスであるかはその人の判断です。

VDOTとは V-dot-O2maxを略 
VO2max(最大酸素摂取能)とランニングの経済性を反映したレースでのパーフォーマンスを表す指標
値が高い方がタイムが速いということになります。

月間走行距離は フルのPB時のデータ のはず です。(笑)

ポイント練習は その名の通り(笑)
ここにはお宝が潜んでいるかもしれません。
それぞれの方から送られてきた内容を表に載せるスペース上 
少しコンパクトにまとめさせていただきました。
参考になる練習などご意見を頂いているので
それらは追々ブログで紹介したいと思います。

その他特徴は 練習の内容やオレはこんなヤツだぜ!って自己アピール(笑)

青字のものは 作成者の権限で
motoが勝手に追記させていただきました

結構 楽しかった。(笑)

身長・体重はフルのPB更新時の値 のはずですね。

BMIはBody Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略称
体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数になります。

理想体重は BMI19.5の場合のその人の体重。
これはフルマラソンのトップアスリートのBMIの最適値が
「19から20」という文献がありそれを基にBMI19.5で算出したものです。(全力中年さんに感謝!)

は 「体重-理想体重」
比率は (体重ー理想体重)/体重×100
その時の体重に対してどの位減量(増量)すれば理想体重に近づくか?
ということを百分率で数値化してみました。 
この二つの値は オレが個人的に興味があったので表に載せてみました。
・・・意味があるのかわかりませんが(笑)


それと女性の身長・体重のデータは
提供された方の分も含めて表には記載しておりません
BMI・差・比率は データ頂けた方に関しては記載しております。


以上です。(笑)





ここに載っている人すべて
オレが面識のある方々です。


ランニングやブログを通じて知り合いました。

練習会や駅伝大会 マラニックや大会 飲み会など
ご一緒する機会が多々あるお仲間です。


まとめるの結構大変でしたが
ちょうどケガしてしまって走れなかったこともあり

数字入力しながら それぞれの顔を思い出してニヤニヤしてました。

結構 楽しかったです(笑)



今回エントリーされなかった人達
(多分あと50~60人位いると思うんだよね 笑)
そんな方にも楽しんでいただけたらなと思います。(笑)





では データ公開!!




マラソン集計表20181010最終-1
1枚目


マラソン集計表20181010最終-2
2枚目


ちっこい画像データをクリックして 
ご自身のPC等にダウンロードしてください。


10月19日をもってダウンロードは終了いたしました。


A4プリントだと字が小さいのでローガンの人は辛いかも(笑)


入力には万全を期したつもりですが
間違えや問題がありましたら コメント欄にお願いします。


明日は このデータを基に
ちょっといろいろ考察してみたいと思います。




いじょ











よかったらポチっと コメントもよろしくです!

にほんブログ村
 2018_10_13



今日もランオフのmotoです こんばんわ。(苦笑)

今朝は4時に起きて
昨日締め切ったデータの集計をしてました。(苦笑)

練習の時間をこれに充てているおかげで
無理やり走ることもなく 頭の中はマラソンのことで一杯で
なんだか走ったような気になるのは不思議だ。

まあ走力はガタ落ちなんですけど・・・。

アクアラインは完走目的で走ります。


明日のウラリク記録会 行きたかったな・・・。




10/5から昨日までお願いしていた
マラソン関係の個人データの収集
ご協力いただいた方 本当にありがとうございました。

今日のブログ村を見回すと・・・

Screenshot_20181011-211031-horz[1]

結構な人数の方がエントリーしてくれていました。

・・・うれしいな



元々やってみようと思ったいきさつは
官九郎さんが作った「サブ50の人達のVODTと練習内容をまとめてみた」って表。
その内容にインスパイアされたこと。
速い人もそうだけど みんなどんな練習しているのかな?
一目でわかるものがあればいいな
それを見ながらブログ読んだら楽しいだろうな
自分の練習に取り入れる事も出来るかもしれない


それと
仲間うちで練習したり レースの応援とかに行ったりした時
「あの人ってフルのタイムどの位だったっけ?」って思った時
なんかそういうのがわかるツールがあると面白いなと思ったこと。
自分の目標とする人や近い走力の仲間のタイムは頭に入っているけど
それ以外の人はボンヤリとしかわからない。
一緒に練習したり レースの応援したりする時 あると便利だと思った。


そしてもう一つ

PB出した時 みんなどんなコンディションで走っているのかな?ってこと。
一つの要因としては体重
以前 全力中年さんのブログ
フルマラソンのトップアスリートのBMIの最適値は「19から20」というデータ
が紹介されていた。
市民ランナーでも それって当てはまるのかな?

かなり 興味あり




というわけで

行き当たりばったり感が充満する中 やってみた。(笑)



今回はというか
まあ多分次回はないと思うけど
オレが顔と名前が一致する人って条件で声をかけてみた。

結果 64名 +嫁・オレ
合計66名のデータを集めることが出来ました。

マラソン平均タイム

こちらのデータは過去5年間のフルマラソン完走者の平均タイム。
正確に言うと完走者のど真ん中の方のタイムらしいが。
昨年度は
男性 4時間36分57秒
女性 5時間05分02秒



今回集まったデータは
男性 54名 
女性 12名



で いろいろめんどくさかったから(笑)
フルマラソンのVDOTの平均から計算
たぶん かなり誤差アリ。


まず女性

女性の平均タイムは

3時間35分! くらい(笑)
*違ってました正確には3:36:45


こわい こわい

ランナーズの平均より 1時間30分くらい速い!!
このツートップはスゲー速いもんな。




次は 男性

男性の平均タイムは




平均タイムは!











2時間57分30秒! くらい
*違ってました。正確には3:00:28


えっ 本当!?


うーーーーーん なんだかなぁ(苦笑)

合ってるのかな?

こっちもランナーズの平均より
1時間40分くらい速かった。



どんどんいこう。(笑)



2017年全日本マラソンランキング

こちらは昨年度のマラソンタイムの分布図
よく見るやつだ。

男性はサブスリーが全体の3%。
女性はサブ3.5が全体の3%。

よく聞く数字だ。


では 今回の66名のタイム分類はどうなっているのだろうか?

母集団が少ないので 男女一緒になっていることをご了承ください。





タイム分類



サブスリーまでで全体の52%
サブ3.5までで全体の88%


それ以上に怖いのが

サブ40(~2時間40分) 7名
サブ50(2時間40分~50分) 17名



うーーん  なんだかよくわかんなくなってきたな。(笑)



つづく



すいません
データは明日配布予定です。
現在 一部修正中。













よかったらポチっと コメントもよろしくです!

にほんブログ村
 2018_10_11

07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

☆自己紹介

moto

Author:moto
1969年生まれ
男性 B型 身長167㎝
千葉市在住

近所の子供からゴリマッチョと呼ばれ、細マッチョを目指し2011年12月から減量のため不定期ゆるjog開始(当時体重75kg)

2012年9月~ランニングへ移行
2013年1月久々のレース参戦

そして、ついに・・・
2015年2月別府大分マラソン出場。

2015年11月つくばマラソンで
サブスリー達成!

次なる目標を目指し、今日も稲毛海浜公園を走る。
筋トレも・・・ちゃんとやる。
目指せ、ベンチプレス100kg!    

☆カウンター

☆オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

☆過去に参加した大会

☆ 10kmレース戦歴
①2018年3月4日 外環道マラソン
38分58秒(38分58秒)

☆ ハーフマラソン戦歴
①2013年1月20日 千葉マリン
1時間56分59秒(1時間51分45秒)
②2013年12月8日 お伊勢さん
1時間30分6秒(1時間29分51秒)
③2014年1月19日 千葉マリン
1時間31分34秒(1時間30分53秒)
④2014年12月23日 足立フレンドリー
1時間25分48秒(1時間25分33秒)
⑤2015年1月18日 千葉マリン
1時間25分18秒(1時間24分55秒)
⑥2015年6月7日 東京喜多マラソン
1時間28分49秒(1時間28分31秒)
⑦2015年12月23日 足立フレンドリー
1時間22分16秒(1時間22分06秒)
⑧2016年1月24日 千葉マリン
1時間22分39秒(1時間22分32秒)
⑨2016年6月5日 東京喜多マラソン
1時間26分44秒(1時間26分44秒)
⑩2016年12月4日 いすみ健康
1時間23分12秒(1時間23分10秒)
⑪2016年12月23日 足立フレンドリー
1時間24分30秒(1時間24分22秒)
⑫2017年1月22日 千葉マリン
1時間22分54秒(1時間22分51秒)
⑬2017年12月3日 いすみ健康
1時間24分54秒(1時間24分50秒)
⑭2017年12月23日 足立フレンドリー
1時間23分17秒(1時間23分13秒)
⑮2018年1月21日 千葉マリン
1時間22分36秒(1時間22分31秒)
⑯2018年12月2日 千葉マリン
1時間29分26秒

☆ フルマラソン戦歴
【2013年 Season1】 sub3.5編
①2013年8月25日 北海道
3時間58分25秒(3時間53分29秒)
②2014年3月30日 佐倉朝日健康
3時間24分10秒(3時間23分13秒)
【2014年 Season2】 sub3挑戦編
③2014年8月31日 北海道
3時間45分54秒(3時間44分42秒)
④2014年11月23日 大田原
3時間13分07秒(3時間12分48秒)
⑤2015年2月1日 別府大分毎日
3時間03分40秒
⑥2015年3月29日 佐倉朝日健康
3時間07分00秒(3時間06分49秒)
【2015年 Season3】 sub3奪取編
⑦2015年8月30日 北海道
3時間12分28秒(3時間12分15秒)
⑧2015年10月25日 大阪
3時間03分22秒(3時間02分37秒)
⑨2015年11月22日 つくば
2時間56分19秒(2時間56分07秒)
⑩2016年2月7日 別府大分毎日
2時間57分32秒
⑪2016年3月20日 板橋シティ
3時間27分44秒(3時間27分18秒)
⑫2016年3月27日 佐倉朝日健康
3時間10分27秒(3時間10分00秒)
【2016年 Season4】 sub3陥落編
⑬2016年8月28日 北海道
3時間24分20秒(3時間24分14秒)
⑭2016年10月23日ちばアクアライン
3時間06分46秒(3時間06分41秒)
⑮2016年11月20日 つくば
3時間13分46秒(3時間13分15秒)
⑯2017年2月5日 別府大分毎日
3時間02分32秒
【2017年 Season5】 sub55編
⑰2017年8月27日 北海道
3時間05分55秒(3時間05分43秒)
⑱2017年11月23日 大田原
3時間13分33秒(3時間13分25秒)
⑲2017年11月26日 大阪
3時間13分03秒(3時間12分54秒)
⑳2018年2月4日 別府大分毎日
2時間57分41秒
㉑2018年3月11日 古河はなもも
3時間51分32秒(3時間51分15秒)
【2018年 Season6】 sub55編
㉒2018年8月26日 北海道
3時間20分24秒(3時間20分10秒)
㉓2018年10月21日ちばアクアライン
3時間16分23秒(3時間16分15秒)
㉔2019年2月3日 別府大分毎日
2時間59分00秒
㉕2019年2月24日 静岡
3時間04分01秒(3時間03分52秒)

☆今後参加予定大会

2019年8月25日 北海道マラソン

☆検索フォーム

☆QRコード

QR

☆ブログ村


B
A
C
K

T
O

T
O
P